お知らせ

11月11日は介護の日

11月11日「介護の日」

平成20年に厚生労働省が「国民に介護の啓発を実施するための日」として毎年11月11日を「介護の日」と決定しました。超高齢化社会である現在、高齢者の増加とともに介護を必要とする方も増加しています。このような状況もあり、近年では介護も身近になりつつあります。そんな今だからこそ、より多くの人々が介護について考え、関わっていくことが重要になってきます。しかしこれまで介護に携わることがなく、介護に携わる方も近くに居ない場合、介護の知識や情報はあまり持っていないことがほとんどです。そこで厚生労働省は、介護に携わる方だけでなく一般の方々にも介護に関する知識や理解、認識を深めてもらいたいという思いから「介護の日」を制定しました。

なぜ「11月11日」が「介護の日」?
11月11日を「介護の日」と決めた理由は2つ。「介護の日」を制定するために日にちと名称に対する意見募集を公募で実施した結果、その中で最も支持の多かった日にちと名称であった。11月11日が介護の日のキャッチコピーである「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」の「いい日、いい日(1111日)」にかけた覚えやすく親しみのある語呂合わせとなった。これらの理由によって、11月11日が「介護の日」となりました。

 

000852989

 

~大阪府~介護の日に向けた取り組みについて

PAGE TOP